外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は14日午後の臨時閣議で、戦後70年の安倍晋三首相談話を決定した。談話は先の大戦をめぐり、歴代内閣が謝罪を続けてきたと紹介する形で「おわびの気持ち」を記述。「歴代内閣の立場は今後も揺るぎない」と表明した。一方で「戦争に関わりのない世代に、謝罪を続ける宿命を背負わせてはならない」と強調し、謝罪に区切りをつけたい意向も示した。国際紛争を解決する手段としての「侵略」を否定したものの、中国大陸などでの日本の行為を侵略とは明示しなかった。

共同通信