外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 安倍首相は14日、太平洋戦争末期の激戦地・硫黄島を訪れ、戦死した日本兵の遺骨収容作業の現場を視察した。記者団に「官邸がリーダーシップをとり遺骨帰還事業を着実に進めたい」と述べ、政府による帰還作業の加速を表明。現職首相の硫黄島訪問は10年12月の菅氏以来。戦没者追悼式に参列し「この島で生じた悲痛な歴史を風化させず若い世代に伝えていかなくてはならない」と追悼の辞を述べた。午後には、父島にも立ち寄った。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信