外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は14日夕の臨時閣議で、戦後70年の安倍首相談話を決定する。首相はその後、官邸で記者会見し、談話を発表する。先の大戦への反省と戦後の平和国家としての歩み、国際貢献への決意を談話の柱とする方針。中国や韓国は談話に示される首相の歴史認識を注視しており、今後の首脳外交に影響するのは必至。戦後50年の村山首相談話が明記した大戦をめぐる「おわびの気持ち」や「侵略」をどう記述するかが焦点だ。

共同通信