外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【モスクワ共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦のロシア杯最終日は20日、モスクワで行われ、女子はショートプログラム(SP)5位の安藤美姫がほぼミスなしの演技でフリー1位の120・47点を稼ぎ、合計174・47点で逆転して2連覇し、今季GP2連勝、通算5勝目をマークした。SP首位の鈴木明子は2位。2人はGPの上位6人によるファイナル進出を決めた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信