ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

官房長官、中国に修理代請求表明

 仙谷官房長官は27日の記者会見で、中国漁船衝突事件で損傷した海上保安庁巡視船の修理代について、中国側に請求する方針を明らかにした。同時に「船長を釈放したわけだから、中国との戦略的互恵関係をあらためて充実させる作業にこれから入っていく。ボールは中国側にある」と述べ、中国政府に関係改善に向けた努力を促した。修理代に関して「当然、外交ルートで原状回復を請求することになる」と表明。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。