外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 菅官房長官は21日午後の記者会見で、20日に就任した山本最高裁判事が憲法解釈の変更による集団的自衛権の行使容認は難しいと発言したことについて「非常に違和感を持つ」と批判。裁判官は外部から圧力を受けないよう憲法で「身分の保障」が規定されており、政府要人が最高裁判事の発言に苦言を呈するのは異例だ。

共同通信