外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 菅官房長官は3日昼、沖縄県の仲井真知事と那覇市内で会談し、米軍普天間飛行場を名護市辺野古沿岸部へ県内移設する方針に理解を求めた。仲井真氏は「県外移設がいいと言っている」と述べ、あらためて県外移設を主張した。菅氏の沖縄県入りは、官房長官就任後初めて。仲井真氏は、嘉手納基地より南にある米軍5施設・区域の返還で「めどをつけてほしい」と要請。菅氏は「鋭意、努力している」と答えた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信