外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 菅官房長官は1日午前の記者会見で、航空自衛隊の次期主力戦闘機となる最新鋭ステルス機F35に関し、国際紛争の助長回避を目的とした武器輸出三原則の例外扱いとし、日本企業の部品製造参入を容認する談話を発表した。米国による「厳格な管理」を前提に、日米協調と日本国内の防衛産業の保護、育成を優先した格好だ。談話は「平和国家としての基本理念は維持する」と明記している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信