外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】中国甘粛省敦煌郊外の広大な砂漠、鳴沙山に9月30日~10月7日の国慶節(建国記念日)の大型連休中、観光客が殺到し、休む間もなく人を乗せた観光用のラクダが疲労のため相次いで死に、衝撃が広がっている。中国の休暇の在り方を疑問視する見方も出ている。鳴沙山ではラクダに乗って砂漠を見て回るツアーが観光名物で、約千頭が待機。午前5時半から夜中まで10時間以上歩き続けたラクダもいた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信