外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 中国の航空機による沖縄県・尖閣諸島周辺への領空侵犯に対処するため、防衛省が沖縄県宮古島市の下地島空港にF15戦闘機を常駐させる案を検討していることを政府関係者が14日、明らかにした。現在の防空拠点である航空自衛隊那覇基地より尖閣に近い。同空港は自衛隊の利用を前提としておらず、調整が必要となる。昨年12月、中国機の尖閣周辺領空侵犯の際、那覇基地発進のF15到着時には、中国機は既に領空を出ていた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信