外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東日本大震災で発生したがれきの広域処理を促進するため、環境省は15日、宮城県女川町のがれき処理施設での作業を公開、全国23自治体の担当者41人が視察した。同町のがれきは東京都が受け入れている。同省は昨年11月にも岩手県宮古市の処理施設を公開している。自治体の担当者らは、がれきの選別作業や放射線量の測定、コンテナへの積み込みなどを視察。「放射線量の安全性判断の根拠は何か」などと質問していた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信