外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 宮城県が全国2位の生産量を誇った養殖カキ。東日本大震災の津波で養殖施設ごと流され、収穫量は例年の9割減となる見通しだ。11月から奇跡的に残ったカキを出荷しているが、安定供給できないため、大手小売りが購入を敬遠。宮城産は全国でほとんど出回っていない。宮城県によると、被害を受けた養殖施設は県全体の99%の約1万4千カ所。いかだ用のロープや浮き球などの資材購入に時間がかかり、整備は思うように進んでいない。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信