ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

宮城沖漁船転覆、運搬船を調査

 宮城県沖で高知県須崎市のマグロ漁船第7勇仁丸が転覆、船長が行方不明になった事故で、第2管区海上保安本部(塩釜)は25日午前、事故当時に現場付近を航行していた外国船籍の自動車運搬船「NOCC OCEANIC」の調査を始めた。また、運輸安全委員会は、船舶事故調査官を塩釜に派遣した。海保職員らが仙台港沖に停泊中の運搬船に乗り移り、事故当時の航行経路について事情を聴いたほか、船体を調べた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。