ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

宮城・石巻魚市場に金延べ板2枚

 東日本大震災で被災した宮城県石巻市の石巻魚市場に今月8日、支援品として長野市から匿名でそれぞれ1キログラムの金の延べ板2枚(時価計約1千万円相当)が届いたことが14日、同市場への取材で分かった。延べ板は縦11センチ、横5センチ、厚さ8ミリで、支援品と鉛筆で書かれた箱に入り、同市場の須能邦雄社長(69)宛てに宅配便で届けられた。専門店で鑑定したところ、2枚とも24金だった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。