外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 宮崎市高岡町浦之名の養鶏場の鶏から強毒性で大量死につながるH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが確認された問題で、宮崎県は29日午前、飼育している全約4万2千羽の殺処分を終えた。引き続き土に埋める作業と鶏舎の消毒を進めている。同日中の作業完了を目指している。

共同通信