外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 任期満了に伴う宮崎県知事選は26日投開票の結果、1期で退任する東国原英夫知事の事実上の後継で無所属新人の前副知事河野俊嗣氏(46)が、無所属の元県部長中馬章一氏(64)ら新人3人を破り、初当選を果たした。東国原氏への県民の支持が根強い中、河野氏は現県政の「発展的継承」を強調。民主、自民、公明各党などの実質的な支援を得て、農協など経済団体にも広く浸透した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信