外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 自民党の安倍晋三総裁は24日、新政権発足に向け都内で大詰めの人事調整を続けた。宮腰光寛元農水副大臣の入閣が固まり、農相への起用が有力になった。古屋圭司元経産副大臣の国家公安委員長兼拉致問題担当相への就任が内定した。閣僚候補の茂木敏充元金融担当相は経済産業相への起用を軸に検討している。安倍氏は25日午後、公明党の山口那津男代表との会談で連立の政策合意文書に署名する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信