外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本生活協同組合連合会(日本生協連)は11日、家庭の日々の食事にどのぐらいの放射性セシウムなどが含まれているか、全国18都県で調査を始めたと発表した。「肉」「野菜」「牛乳」など個別の食品ごとに検査は行われているが、実際に組み合わせて食べた場合の一人一人の摂取量は分からない。日本生協連は「不安を感じている人が多いので実態を把握したい」としている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信