ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

家庭向け九電値上げ8・5%程度

 九州電力が27日に予定している電気料金の値上げ申請で、家庭向けの上げ幅を平均8・5%程度で最終調整していることが23日、分かった。来年4月からの実施を目指す。人件費を1割以上削減し、利用者に理解を求める。関西電力も26日に予定している電気料金の値上げ申請に関し、家庭向けは平均12%程度、企業向けは同20%前後とする方向で詰めの調整をしている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。