ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

家族らのインサイダー取引急増 

 証券取引等監視委員会が09年度に摘発して課徴金勧告を実施した株式のインサイダー取引で、会社関係者から未公開情報を聞いた家族や知人らの違反が急増していることが3日、分かった。08年度は3件だが、09年度は21件で7倍に。証取委は「身近な人でも重要情報は漏らさないで」と注意を呼び掛けている。上場会社の役員らのほか、役員らから直接情報を聞いた人も規制対象となる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。