外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本臓器移植ネットワークは22日、東海地方の病院に入院中の50代の女性患者が法的に脳死と判定され、臓器提供が行われ、移植手術が始まった。患者は脳血管障害で、書面で提供意思を示していなかったが、家族が脳死判定と提供を承諾した。7月に施行された改正臓器移植法に基づく3例目。家族は「誰かの役に立てたい。体の一部がどこかで生きていてくれたらうれしい」と話している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信