外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 広島市で保険金目的に家族3人を殺害したとして殺人や放火罪などで死刑を求刑され、一、二審が無罪とした無職中村国治被告(41)について、最高裁第1小法廷(金築誠志裁判長)は24日までに、「捜査段階の自白の信用性を否定した二審判決が不合理とはいえない」とし、検察側の上告を棄却する決定をした。無罪が確定する。22日付。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信