【ニューヨーク共同】米南部フロリダ州オーランドのナイトクラブで起きた銃乱射テロで、警察に射殺されたオマル・マティーン容疑者(29)の父親は12日、被害者に謝罪する一方、事件は「宗教とは関係がない」と説明した。NBCテレビの取材に応じた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。