外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 捜査や公判など刑事司法制度の改革を議論している法相の諮問機関、法制審議会の特別部会は18日、本田勝彦部会長(日本たばこ産業顧問)の試案を公表した。容疑者取り調べの録音・録画(可視化)を制度化する一方で、通信傍受の対象犯罪を拡大することが柱。特別部会は試案をたたき台に議論を継続。捜査当局の権限強化には日弁連などの反対が予想され、実現するかどうかは未知数だ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信