外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 相模原の障害者施設殺傷事件に関する厚生労働省の検討チームは14日、経緯の検証結果に関する中間報告を公表した。植松聖容疑者(26)の措置入院解除を巡る病院や相模原市の対応に関し、薬物の再使用防止を含めた継続的な医療支援の検討や引き継ぎが不十分と指摘。退院後の居住地に関する情報共有など関係機関の連携にも不備があったとの見解を示した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信