外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米ボストン連続爆破テロでワシントン・ポスト紙(電子版)は23日、訴追されたチェチェン系のジョハル・ツァルナエフ容疑者(19)が捜査当局の調べに対し、動機をめぐり米軍によるイラク戦争とアフガニスタンでの戦闘に反感を抱き、犯行に至ったと供述していると報じた。米当局者の話として伝えた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信