外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米連邦捜査局(FBI)当局者は25日、首都ワシントンの海軍施設で16日に起きた乱射事件をめぐり、アーロン・アレクシス容疑者(34)が「電磁波攻撃を受けている」との妄想にとらわれていたと述べ、特定の人物を狙った犯行ではなかったとの見方を示した。AP通信が伝えた。FBIは25日、物陰に身を隠しながら、銃を手に海軍施設内を移動する容疑者の映像も公開した。

共同通信