外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【パリ共同】フランスのオランド大統領は10日までに「家で宿題をさせない」「通知表はマイナス面よりプラス面の評価を」などとする教育行政の基本方針を発表、フランス版「ゆとり教育」の実施を訴えた。来年9月の導入を目指し、今後法案を作成する。日本の「ゆとり教育」は学力低下を招いたと批判を受けたが、「平等」を掲げるオランド政権の教育改革も議論を呼びそうだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信