外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本の排他的経済水域(EEZ)内などで外国漁船の違法操業が相次いでいるため、水産庁は9日までに、2018年度に最新鋭の密漁取締船3隻を投入する計画をまとめた。北朝鮮や韓国、中国船などの活発な操業や高性能化に対抗する。また、日本海に配備している取締船の後継船の建造にも着手し、20年度の完成を目指す。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信