外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 静岡県警は5日、富士山登山シーズン(7月1日~8月31日)に富士山の静岡県側で発生した遭難件数が前年に比べ45件多い79件、遭難者数が40人多い81人で、いずれも統計が残る1973年以降最悪だったと発表した。県警は6月の世界文化遺産登録で準備不足の登山初心者が増えたためと分析している。遭難者のうち死者は1人、重傷者は8人。遭難原因は高山病が32件と最も多く、次いで転倒が20件、疲労が12件。

共同通信