外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は20日、カンボジア・プノンペンで開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産委員会で、世界文化遺産になることがほぼ確実な「富士山」(山梨県、静岡県)の登録審査は、候補30件中19番目になる予定だと発表した。審議日程は流動的だが、22日午後にも登録が決まる可能性がある。世界遺産の新規登録の可否を決める審議は21~23日に行われ、全30候補を自然遺産、複合遺産、文化遺産の順に審査する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信