ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

富士山、7千円で登山者抑制?

 世界文化遺産への登録がほぼ確実となり、急増が予想される富士山の登山者数を抑えるのに効果的な入山料を京都大の栗山浩一教授(環境経済学)が推計し4日、発表した。登録後も登山者数を現在と同じぐらいに抑えるためには7千円徴収する必要があるという。栗山教授は、既に世界遺産となった鹿児島県の屋久島や青森、秋田両県の白神山地の訪問者数が、登録後5年で3割以上増加したことを踏まえ、富士山でも同様に増えると仮定。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。