外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 富士重工業は20日、国などから委託を受けたロボットの研究・開発に絡んだ資金循環取引などで、同社の元クリーンロボット部長(57)が同社に約1億600万円の不正な支出をさせていたとして、詐欺の疑いで元部長を栃木県警に刑事告訴したと発表した。元部長が不正に引き出した資金の原資が国などからの公的資金だったことを重く見た富士重は、クリーンロボット部門での新規受注を中止し、同事業から撤退する方針だ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信