ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

寒冷前線通過、東北で暴風の恐れ

 気象庁は22日、低気圧が発達しながら日本海を進み、寒冷前線が通過して一時的に強い冬型の気圧配置となるため、23日にかけ北陸と北日本で風が強まり、東北では海上を中心に暴風となる恐れがあるとして警戒を呼び掛けた。西日本から北日本で落雷や竜巻などの突風にも注意が必要という。気象庁によると、23日にかけ予想される最大風速は北日本と北陸の陸上で17m、海上で20m。最大瞬間風速は陸上、海上ともに30m。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。