外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】18日付の韓国紙、韓国日報は、北朝鮮が再稼働させたとみられる実験用黒鉛減速炉(原子炉)がある寧辺の上空で最近、放射性希ガスのキセノンが検出されていたと報じた。韓国外交筋の話としている。原子炉を冷やす冷却水が使われた「痕跡」も見つかった。同紙はキセノン検出と合わせ、減速炉が「事実上再稼働したことを示す有力な証拠」としている。

共同通信