外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)は16日、ルクセンブルクで外相理事会を開いた。主要議題はシリア情勢。加盟国である英仏が米国と共に実施したシリア攻撃に理解を示すとともに、シリアのアサド政権が繰り返し化学兵器を使っているとして「強く非難」し、制裁強化などの対応を警告する声明を発表した。EUはシリア軍、政府幹部らの資産凍結などを既に実施している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信