ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

対テロ機関の非効率性批判

 【ワシントン共同】米中枢同時テロから9年近くを経て、米政府の対テロ機関は極秘情報を扱う職員数が計85万4千人に達するなど肥大化し、無駄が多くテロ防止につながっていないと、19日付の米紙ワシントン・ポストは特集記事を掲載し、情報機関の非効率性を批判。対テロ予算は議会でもほとんど反対されず“聖域化”しているだけに、記事は波紋を広げている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。