ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

対ロシア制裁法案、決断に苦慮

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は27日に上院で可決された対ロシア制裁強化法案に署名するかどうか決断に苦慮している。ロシアとの外交で手足を縛られることになるため、署名に消極的とされるが、拒否権を発動すれば、ロシアへの融和姿勢が非難を浴びるのは必至。政権は署名するかどうかあいまいな説明に終始しており、最終決断が注目される。

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。