外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米紙ワシントン・ポスト電子版は23日、ロシア政府による米大統領選挙干渉に対する報復として、オバマ前大統領が退任間際に、ロシアの基幹ネットワークに大きな打撃を与えることができる“サイバー爆弾”を仕掛ける秘密作戦を承認していたと報じた。

共同通信