【ワシントン共同】米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)電子版は15日、トランプ米大統領が知的財産権侵害を理由に、中国からの年2千億ドル(約22兆円)相当の輸入品に対する第3弾の制裁関税発動を17日か18日に表明すると伝えた。米消費者への悪影響を抑えるため、税率は予定の25%から10%へ引き下げる。実際の発動は数週間後になる見通し。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。