外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 TPP交渉をめぐり、政府は13日、近く米国に示す関税撤廃の提案で、関税をなくす品目の割合を示す貿易自由化率を80%台後半にする方針を固めた。他国より高めの水準となり、自由化に前向きな姿勢を打ち出す。ワシントンで20~23日の間に、米と集中的な関税交渉を調整中だ。政府は8月末までにマレーシアなど6カ国と、関税撤廃の案を交換したが、自由化率は80%前後にとどめていた。

共同通信