外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 国際通貨基金(IMF)トップのラガルド専務理事は11日、年次総会全体会合開幕を前に都内で記者会見し、沖縄県・尖閣諸島国有化をめぐる日本と中国の対立について「両国の協調は世界経済の利益だ」と述べ、早期解消に期待を表明した。ラガルド氏は、中国の謝旭人財政相と周小川中国人民銀行総裁が総会を欠席することに関しては「会合では多くの重要な問題を議論するのに、素晴らしい機会を逃すことになる」と遺憾の意を示した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信