外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 独特の終盤戦術で一時代を築いた将棋の永世棋聖、米長邦雄日本将棋連盟会長が18日午前7時18分、前立腺がんのため東京都内の病院で死去した。69歳。故佐瀬勇次名誉九段門下で、1963年に19歳でプロの四段に。73年、棋聖戦で初タイトルを獲得。劣勢から逆転を狙う棋風は「泥沼流」と呼ばれ、ファンを沸かせた。93年には49歳11カ月の最年長記録で名人位を初獲得し、「熟年の星」と注目を浴びた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信