外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 長く将棋のトップ棋士として活躍し、惜しまれながら20日に現役を引退した加藤一二三・九段(77)が30日、東京都渋谷区の将棋会館で記者会見し、「(1982年に)念願の名人を獲得したことが最大の思い出。今はすっきりした気持ちです」と63年間にわたる棋士人生を振り返った。

共同通信