外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 将棋のトップ棋士が公の場で初めてコンピューターソフトに負けた。20日、都内でのプロ棋士と将棋ソフトの5対5の団体戦、第2回電王戦最終第5局は、最高峰リーグのA級順位戦に在籍の三浦弘行八段(39)が102手で将棋ソフト「GPS将棋」に敗れた。プロ棋士は対戦成績が1勝3敗1引き分けで、団体戦でも敗戦が決まった。これまでトップレベルの棋士と将棋ソフトの対戦では07年、渡辺明3冠が「ボナンザ」に勝った。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信