外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本将棋連盟は25日、東京都渋谷区の将棋会館で臨時理事会を開き、18日に死去した米長邦雄会長の後任に専務理事の谷川浩司九段(50)を選んだ。谷川新会長は神戸市出身で同市在住。1983年に史上最年少の21歳で名人となった。通算タイトル獲得数は歴代4位の27期。現在も最高峰リーグのA級順位戦に在籍するトップ棋士で、現役を続けながら会長職を引き継ぐ。関西在住の会長は初となる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信