ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

将棋、渡辺が棋王を初獲得

 将棋の郷田真隆棋王(42)に渡辺明2冠(28)が挑戦していた第38期棋王戦(共同通信社主催)5番勝負の第4局は24日、宇都宮市の宇都宮グランドホテルで指され、午後7時33分、157手で先手の渡辺2冠が勝ち、対戦成績3勝1敗で棋王を初獲得。竜王、王将と合わせ史上8人目の3冠となった。渡辺新棋王は2000年、15歳でプロとなり、史上4人目の中学生棋士として話題を呼んだ。昨年11月に竜王戦で9連覇を達成。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。