外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 文部科学省は9日、全国の国公私立の小中高校などで2012年度に体罰をしたと認定された教員は6721人で、被害を受けた児童生徒は1万4208人に上ったと発表した。体罰のあった学校は4152校で、9校に1校の割合。公立校に限定した11年度調査で体罰を理由に処分された教員は404人おり、体罰教員を公立校だけで単純比較すると13・4倍に増加。体罰が表面化せずに見過ごされてきた実態が浮かんだ。

共同通信