外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【チューリヒ(スイス)共同】サッカーの2022年ワールドカップ(W杯)招致に敗れた日本招致委員会の小倉純二委員長(日本サッカー協会会長)は2日、今後も招致に取り組むかどうかについて「ファンの期待があれば手を挙げる態勢を整えたい。意見を聞きたい」と慎重に検討する意向を示した。国際サッカー連盟(FIFA)の規定で、日本などアジア勢が次に立候補できるのは34年大会となる。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信