外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 小児集中治療室を持つ国内23の医療機関で2013年に人工呼吸器を付けて治療を受けた子ども約4200人の4%超に当たる約190人に対し、禁忌とされる鎮静剤プロポフォールが投与されていたことが18日、厚労省研究班の調査で分かった。

共同通信